適正飼育の普及

  • HOME »
  • 適正飼育の普及

適正飼育の普及に向けて

人と動物の共生センターでは、適正飼育の普及に向けて、犬と飼い主が共に学ぶしつけ教室「ONELife」の運営、問題行動を専門に治療する「ぎふ動物行動クリニック」の運営、東海地域での情報提供としての「動物行動学&トレーニング勉強会」の開催などを行っています。

また、地元のペットショップをはじめとしたペット関連企業と連携し、子犬の社会化の普及を行っています。

飼い主が学ぶしつけ教室「ONElife」

ONELifeは、飼い主さんが学び、犬友達と出会い、犬との関わり方に気付いていくことで、飼い主さんと愛犬との関係を深めて良きパートナーシップを築くためのしつけ教室と雑貨屋を運営しています。

レッスンでは、犬だけ訓練するのではなく、飼い主さんが楽しみながら学ぶ、犬と飼い主の学校です。犬と人が共に育み合う=”共育”をモットーに、レッスンを実施しています。犬だけトレーニングして”おりこう”になるのではなく、飼い主さん自身が”良き飼い主””良きリーダー”になることを目標にしています!

当スクールは、『犬を訓練する』のではなく『人が学ぶ』をコンセプトとしたドッグスクールです。飼い主と愛犬が、楽しみながら学べる場の提供を目指しています。 グループレッスンでの飼い主同士、ワンちゃん同士の交流も魅力の一つです。

犬との生活は決して楽しいだけでなく、日々のお世話、お散歩、留守にしづらいなど、様々な苦労もあります。 中でも、吠える、咬む、引っ張るなど、様々な行動上の問題はに悩まれる飼い主さんも多くいらっしゃいます。 きっと、子育てと同じように、分からないことだらけなのが、犬との生活ではないでしょうか?

現在日本では、年間8.2万頭にのぼる犬猫が殺処分されています。 その他にも飼育放棄される犬猫は多く、行動の問題により飼育放棄される犬の数は年間1万~2万頭にのぼると見られます。 誰もはじめから捨てたくて飼ったわけではなく。 育て方を知らなかった、接し方を知らなかったばっかりに、人も犬も苦しみ、飼育放棄に至ると考えています。

私たちONE Lifeは、犬を飼っている誰もが自然に幸せになり、犬を好きな人も、犬を苦手な人も幸せに生活できる社会を目指していきます。

詳しくは、こちらからご確認ください。

http://tomo-iki.jp/

ぎふ動物行動クリニック

ぎふ動物行動クリニックは、犬猫の問題行動の改善・治療を行う専門の動物病院です。問題行動の相談と治療を行っております。

【治療対象の例】
咬むなどの攻撃行動
過剰な興奮
吠える問題(過剰咆哮)
留守番ができないなどの分離不安
花火や雷などの恐怖症
尻尾を追う・手足を舐める・毛をかじる・自傷行為などの常同障害
高齢性認知機能不全(痴呆)

動物の問題行動は、飼い主さんとの関係の不和、持続的なストレス、幼少期の経験や社会化不足、遺伝、身体の疾患など様々な要因から発生しています。『飼い主さんとの上下関係ができていないから言うことを聞かない、咬むんだ。上下関係をわからせなきゃいかん。』と言う説を耳にすることもあるかと思いますが、間違った解釈です。正しい認識に立って関係を作ることが大切です。

なぜ、動物たちが問題行動を起こすのか、きちんと原因を明らかにし、環境・接し方・精神的刺激・トレーニングなどの改善を行い、生活全般のストレスケアをしていくことが、問題改善には必要不可欠です。犬猫の問題行動にお悩みの方は、当院のカウンセリングをご利用ください。

http://tomo-iki.jp/clinic/

動物行動学&トレーニング勉強会

 東海地区動物行動学&トレーニング勉強会は、動物行動学とトレーニングに関する知識・情報を普及し、トレーナー間の情報交換や連携の場づくりを目的にしています。
 問題行動/飼育放棄/殺処分など、人と犬の間で起こる問題を解決するためには、犬の理解のための知識の普及特にパピークラスによる子犬の社会化と飼い主教育の普及が急務です。現在パピークラスの普及率は10 ~ 20%程度ですが、将来的に80 ~ 90% となるためには、ペットショップと連携したパピークラスの需要喚起と、受け皿となる地域のトレーナー同士の連携や情報交換が必要と考えております。本勉強会を通じて東海地域がより人と犬に優しい社会になることを目指しています。

2017年度実施予定
9月11日 鹿野正顕先生 新生子期~社会化期の行動発達を知りパピークラスの実践に取り入れる

子犬の社会化はその後の成長に大きな影響を与え、社会化不足は場合によっては生涯にわたる問題行動の原因になります。パピークラスでは社会化を促進させるプログラムが必要とされますが、その実施には理論的な背景が欠かせません。子犬期の行動発達を学び、今以上に、犬の
精神的成長をサポートできるパピークラスの実施を目指します。

11月13日 齋藤美紀先生 応用行動分析学の基本と犬の行動の捉え方

応用行動分析学(ABA:Applied Behavior
Analysis)は、 行動と行動変化のしくみを科学的に理解し、それに基づくテクノロジーを用いて、人や動物の生活を改善し、向上させることを目的としています。ABAに基づく行動介入は、環境を変え、行動だけだはなく、生活の質の改善を目指します。この回では、行動はなぜ存在するのか、なぜ繰り返されるのかを科学的に理解し、科学を実際の場面に適用するために不可欠な倫理の基礎も学びます。

12月18日 齋藤美紀先生 応用行動分析学を用いた問題行動の改善法と事例紹介

行動と行動変化のしくみを理解した上で、どのように対処したい行動を理解、分析し、生活の質を維持、向上させながら、それを改善していくのかについて学びます。科学の適用に不可欠な倫理についても、さらに詳しく、よいアニマルケアの4つの柱と、そのひとつである行動のマネージメントについて整理し、ケア・ギバー(ケアの提供者)としての私たちの役割や目指すべきことについても学びます。

3月12日 白井春佳先生 身体疾患が関係する問題行動と、改善における獣医師との連携の必要性

犬の問題行動の発生は、いわゆる『しつけ』の問題だけで起こっているわけではなく、痛み・神経疾患・内分泌疾患など身体疾患が関係するものが少なくありません。また強度の恐怖や不安を伴う問題行動では薬物療法が用いられることがあります。問題行動の改善には獣医師との連携が不可欠です。トレーナーは獣医師とどのような連携を持てばよいか学びます。

お気軽にお問い合わせください TEL 058-214-3442 (営)水~日/9:00-18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © NPO法人人と動物の共生センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.